資産1億円の運用方法!あるからできるリスクの少ない投資法

資産形成

2018-12-21

「1億円の資産を保有しているかいないか」

「1億円」の資産にどのくらいが価値があるのでしょうか。
1億円の資産があったとしても、その後の人生遊んで暮らせるかというと、そう簡単ではないようです。

今回は、「資産が1億円を突破したので資産運用をしっかり学びたい」
「今ある1億円を減らさない様にリスクの少ない運用方法が知りたい」
という方に向けてどの様な運用方法がオススメか解説していきます。

1、資産1億円はどの程度のものなのか再確認しましょう

 

資産「1億円」というと、もうお金の心配から解き放たれたかのような錯覚に陥るかもしれませんが、そもそも残りの生涯にどのようなお金の使い道があるのか考えてみました。
・家賃
・水高熱費
・教育費
・養育費
・税金
・保険
・交際費

一般的に生涯でいくら必要かというと約2.8億円と言われています。

「1億円」と聞くと相当な金額に聞こえますが、生涯支出が約2.8億円かかることを考えると、アーリーリタイアするには少し足りませんから、残りの金額を働いて稼ぐか、資産運用でお金を増やすしかありません。

 

しかし、「1億円あっても稼がなければならないのか…」と悲観する必要はなく、むしろ1億円もあるのであればとても有利に資産運用を行うことが出来ます。

資産運用においてお金は「武器」みたいなものですから、1億円というお金は最強の武器たりえるのです。

2、資産1億円の強みとは!?リスクを削減した投資ができる

 

そもそも資産運用をする際に考えなければならない「リスク」と「リターン」の関係をお話ししてから、何故1億円あると有利に資産運用を行えるかを説明していこうと思います。

資産運用を行う上で分かり切っていることですが、「必ずプラスになる資産運用」は存在しません。

 

従って、日々の利益や損失を合わせて月利や年利といった期間でプラスに推移していれば、「リスク」よりも「リターン」が上回っている証拠ですので「優良な資産運用」と言えます。

では何故、1億円あったら資産運用において有利といえるのでしょうか?
それは「資産運用におけるリスク」を少額で資産運用する人よりも断然減らすことができるからです。

(1)FXで差益が有利にとれる

今では有名になったFXで例を見てみましょう。

「10万円の資金で運用、月に100万円の利益を出したい」と考えた時、10万円で張れるMAXのポジションですとUSD/JPYで2万通貨ほどとなります。(ロスカットにならないよう若干の猶予を残します)

この場合、100万円の利益を狙うには「5000pips」もの差益をとらなければなりませんが1億円の資本金を有していれば「100pips」狙うだけで済みます。

 

差益を取りにいくということは多くのポジションを保有するということですから、それだけリスクが大きくなりますので「1億という豊富な資産」を保有している方がリスクの少ない運用方法を選択できるのです。

(2)ポートフォリオで最適なバランスがとりやすい

もうひとつ「ポートフォリオ」の側面からもみてみましょう。
「ポートフォリオ」とは「安全資産と危険資産を最適に保有する事」とされており、「ポートフォリオ」のバランスを最適化することによって自分の資産運用のパフォーマンスも最適化できます。

ここでいう「危険資産」とは自分の資産が大幅に減少してしまう危険性はあるものの、自分の資産を大きく伸ばしてくれる「大事な資産」です。
一方「安全資産」は資産が大きく目減りしないかわりに、運用成績はそこまででもないというものです。

資産が少ない場合は資産を増やそうと危険資産を増やしがちですが、資産が1億円もあれば安全資産や危険資産の割合を最適化するには十分すぎる金額です。

この様にリスクの少ない資産運用をすることで自分の資産を効率的に増加させていくことができるのです。

3、1億円の資産運用はどんなものがあるの?

 

1億円という資産があったら資産運用の方法はどの様なものがあるのでしょうか?

(1)投資信託 利回り3%~7%

まず代表的なのは「投資信託」です。
利回りは平均3%~7%位になります。
1億円の資産運用であるのにもかかわらず年間30~70万円というのは少しもったいないかもしれません。

 

ひと昔前は「投資信託」というと銀行がオススメしてくる「手数料の高い商品」でしたが、最近では手数料が低く全世界に満遍なく投資する「インデックスファンド」が人気の商品になります。

主な投信会社には
・セゾン投信
・ひふみ投信
・さわかみ投信
といった投信会社がオススメですので、長期的に資産を増やしたいという方は運用実績など調べてみてはいかがでしょうか。

(2)定期預金

投資信託の他にリスクの少ない資産運用方法ですと「定期預金」が挙げられます。
定期預金では基本的に銀行がつぶれない限りは元本が削られることはありません。

 

しかし、定期預金の利率は0.1%とたとえ1億円という資産があったとしても、資産運用で生活できるほどの収益を上げるのは難しいです。

国債を購入するという方法もありますが年利1%程度のものが多くこちらも生活するには少ないです。
投資信託や定期預金、国債といくつか資産運用をご紹介いたしましたが利回りはどれも低く、ローリスク・ローリターンな運用方法です。

せっかく1億円という資産があるのですから、金額を活かした資産運用をしてみたいものです。

(3)ヘッジファンド

そんな方には「ヘッジファンド」をオススメいたします。
ヘッジファンドは資産運用のプロが運用します。
さまざまな投資手法で利益を最大限追及しながらリスクも最小限に収めます。

資金が少額だとヘッジファンドに資産運用を申し込むのは厳しいのですが、1億円あれば申し込みが可能です。
最適なポートフォリオ作成に「ヘッジファンド」は欠かせない投資先です。

4、1億円で資産運用できる強みを最大限に生かそう

いかがでしたでしょうか。今回は億り人の運用方法として資産が1億円あったら出来るリスクの少ない運用方法をご紹介してきました。

少額での運用と1億円あるから出来る運用方法との違いが理解できたのではないでしょうか?

投資資金が1億円あるからこそできる投資先の「ヘッジファンド」や「投資会社」を有効に活用して、実りある資産運用をしていきましょう。

関連記事一覧